トイレの鍵が開かない!?緊急時に鍵を開ける方法

トイレの鍵が壊れて開かなくなってしまった場合、特に中に閉じ込められる形だとかなり重大なトラブルになります。
今回はこのような時に、緊急で鍵を開ける方法をご紹介致します。

まず内側に閉じ込められてしまった場合、ハンガーのような強度の強めの針金があれば開けられる場合があります。
ハンガーならそのままフック部分を扉の隙間に入れます。針金ならUの字になるように曲げて差し込みましょう。ドアの隙間から鍵の出っ張り部分(ラッチ)にフックを引っ掛け、そのまま手前に引いてへこませます。そのままの状態でドアノブを少し引っ張るようにして扉を開けてください。ハンガーの他にも硬いカードのようなもので同じように開けられる場合があります。

外側から開ける場合は、非常開錠装置を使って開けてもらいましょう。非常開錠装置はドアノブに付いている「ー」のようなヘコミです。
10円玉などのコインやマイナスドライバーをヘコミに入れて回すと開錠できます。

ただし、これらも完璧な方法ではありません。家の立て付けが悪かったり、ドアノブ自体が故障していたりと、様々な原因で開けられないこともあります。
すぐに外部と連絡が取れる状況であるなら、すぐにご家族かレスキュー隊や管理会社などに連絡をしてください。
「大事にしたくない」と思われるかもしれませんが、トイレの閉じ込めは最悪命にも関わることなので、助けを呼びましょう。
鍵屋だけでは本人確認が出来ないため、対応できません。