引き戸の鍵を後付けして、防犯性能を高めよう!

玄関が引き戸になっているというご家庭もあるかもしれませんが、防犯性能を高めたいのであれば鍵を追加する事も考えましょう。

引き戸は防犯性能が不十分なため、ドアごとリフォームして防犯性能を高めるか、性能が高い鍵を後付けするという方法がありますよ。

鍵を後付けするなら、引き戸用の補助錠や引き戸でよく使われている戸先錠、暗証番号や生体認証を使う電子錠、引き違い戸なら召し合わせ錠という鍵を取り付ける事ができるのです。

鍵を取り付ける時には、電動ドリルで穴を開けた部分にビスで固定する方法は賃貸住宅では禁止されている場合もありますので事前に大家さんに許可を取っておきましょう。

他に、ドアや枠に穴を開けたり、粘着テープを活用する方法がありますが、引き戸のガラスを割らないように気をつけましょう。