手元に鍵があっても開けられないシーン

手元に鍵はあるのに開けられない・・・!というシーンは実はそんなに珍しいことではありません。
鍵は差し込めるけど回らなくなっていたり、そもそも鍵が刺さらなくなっていたり、無理に開けようとして鍵が折れてしまったりなど、様々な原因で鍵があっても開かないということがあるのです。

こうした例に多く共通しているのが、経年劣化による故障です。鍵の寿命は大体10年程度と言われています。しかし壊れないからと、何十年も同じ鍵を使っている家も少なくありません。
いつもはきちんと使えていたのに突然故障して使えなくなるということもありますので、劣化した鍵は使い続けないように注意しましょう。

また経年劣化以外にも、いたずらによる鍵の故障も報告されます。鍵穴の中にガムや接着剤などの人工的に入れなければ入らないようなゴミが入っていたという場合はいたずらの可能性が高いです。