鍵の動作が悪くなるよくある原因とは

鍵が刺さらなかったり、回しづらくなっていたりというように、鍵はあっても鍵が開けられないというケースはよくあります。
原因はいくつかありますが、最も一般的なのはシリンダー内に小石やゴミなどが詰まってしまって動きが悪くなるケースです。
特に玄関ドアに設置されている鍵は外の雨風にさらされっぱなしの状態なので、知らぬうちに小石や砂などが詰まってしまって動きが悪くなったり、いたずらで何か詰め込まれて動きが悪くなるというリスクが高いです。

この状態を改善させるためにはシリンダーを分解して洗浄が必要になります。ご自身でできなくもないですが、分解はできても戻すことが出来なくなって結局鍵屋に依頼することになったというケースはとても多いので、最初から鍵屋に洗浄を頼むのがおすすめです。