鍵穴に悪戯をされたらどうする?

いつものように鍵を差そうと思ったら鍵穴に入らない・・・、よくみると鍵穴に何か詰まっているというようなことがあります。

原因は様々ですが、ゴミが溜まってしまっていたり、人為的に接着剤やガムなどの異物を詰め込まれたりするパターン、つまり鍵穴に悪戯されてしまったということもあります。
こういう場合はとにかく鍵穴の中をきれいにしなければなりません。
また人為的な場合は警察を呼び、器物損壊の被害届を提出する必要が出てきます。残念ながら被害届を出しても犯人が捕まるということは少ないですが、今後のことも考えると念のために警察に届出を出しておいた方が安心です。

鍵穴に異物が入っている場合、まずは何が入っているのかを確認しましょう。物や入り方によっては自分で取り出せる可能性があるためです。
例えば小枝が浅く入っているのなら、小さいペンチなどで引き抜けることもあります。小石や細々としたゴミが入っているようなら掃除機でこれらを吸い取ってみることで解決することもあります。

接着剤やガムの場合は自力で取り出せなくもないですが、鍵自体を大きく傷つけてしまい、別の鍵トラブルを引き起こしてしまうリスクが高いです。
無理して取り出そうとせずに鍵屋などの専門家に依頼することをおすすめします。

鍵穴への悪戯は子供によるものが多いですが、中には大人が嫌がらせですることもあります。明らかに自然に鍵穴に入り込むような物ではない異物が入り込んでいたら必ず警察に届出を出し、しばらく注意して生活しましょう。