電子錠の防犯性能、そのメリットとデメリットとは?

防犯対策のための最新の鍵である電子錠に注目が集まっていますが、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

そもそも電子錠とは電気を使って施開錠を行う鍵の事ですが、生体認証や暗証番号など開錠方法を選べたり、オートロック機能によって自動施錠できたり、遠隔操作で閉め忘れを防止できるのです。

暗証番号タイプは鍵を持ち歩かないので鍵紛失の心配がありませんが、暗証番号を忘れたら開ける事はできませんし、番号が第三者に知られた場合、番号を変更する必要がありますよ。

カードタイプはICカードで開けたり、持ち運びが簡単にできますが、カードが手元にないと開ける事ができませんし、電池切れすると使用できないのです。

電子錠にも色々な種類がありますので、設置するドアに使えるかどうか事前に確認が必要ですし、設置するためには業者に依頼する事も考えましょう。